ブナの森を歩く・・・帰りは塩の道資料館に立ち寄る

昨日のTVで富士山の初冠雪を知り、平年より6日ほど早いそうだ。2.3日前は台風が日本列島を縦断し大雨や土砂災害を各地に被害をもたらした。台風一過から富士山はもう冬支度なのか?
里山は稲刈りの真っ最中。お年寄りやお孫さん、鎌をもつ茶髪のお母さん。どこかのどかな風景がうれしい!
初秋のブナの森を歩いた。アケビやマタタビやサルナシやブナの実を探す。
マタタビの実
画像
アケビの若い実
画像
もうすこしで熟すサルナシ
画像
サラシナショウマ
画像
ミヤマニガウリ・・・タチドコロではない
画像
アキノキリンソウ
画像
塩の道資料館(明治、大正のボッカ運搬具)松本街道を往来に使った道具類が展示。
画像
数々の展示の他、おまけに甲冑も
画像
戸倉山山頂から雨飾山
画像
自宅裏のミョウガ(みそ汁、薬味に毎日のようにでてくる)
画像
偶然Kさんに会う。やっぱり身近な自然が好きなんだろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック