森の悠々クラブ ブナ林散策と戸倉山

みんなで登った山頂に30人もの登山者が楽しく賑わっていることにビックリした。単独行から団体、小学生から後期高齢者、老若男女様々な人たちは山頂で景色を楽しみ昼食をとっている。しかし、今日はあいにくガス空で遠望がきかないが、それでもみんなに笑顔が絶えないようだ。
私たちは毎年、この時季しろ池から戸倉山頂まで自然に触れながら、代表的な花を観察しながら山歩きをしている。
雪解け直後のイワウチワの姿はなく、足元にはオオイワカガミと山道に開花が始まった白い花のサンカヨウに変わっている。高木の樹冠にはホウノキとトチノキの花が目に止まり、ブナの葉は緑を増し何万枚もの柔らかい葉をつけている。
画像

私たちの団体と入れ替わり、前からいた団体が席を譲るかのように下山し始めたので、また同じ賑やかな光景になった。過去にこんなに大勢の人がそんなに広くない山頂で会っただろうか。登山道の離れた谷筋に少しの残雪をみることができるが、道にはほとんど雪がない。そのせいもあり銀座通り並みのひとごみに重なったようだ。
サンカヨウ
画像
ムラサキヤシオ
画像
オオイワカガミ
画像

ゆっくり昼食をとり、まわりの風景と下界を確認したあと下山の準備。みんなで来た道を下り、上りに気がつかなっかた自然を発見しながら下りる。
神秘的しろ池あたりに近づくと雲行きが怪しくなってきた。それに遠くでカミナリの音もする。しろ池の東屋で雨が降りだした。しばらく雨宿りする・・・・・・
あと15分待ってくれれば雨具を着ることもなかったが、それでもみんなで雨対策をとり管理棟にもどった。
戻って何分もたたないうちに、雨は小ぶりになりそのうち止んだ。また今度っということで解散。
       (雨飾山麓しろ池の森 フォレスト&フラワー)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック