雨飾山麓しろ池の森 みぞれ混じり 閉園作業

毎夜、雷鳴が響く。上空の大気にマイナス40℃の寒気団が居座っているそうだ。この2、3日いっきに気温が下がった。
まだ早いようだが、しかし予定通り、しろ池の森の閉所作業をする。(利用者にはちょっと悪いが)
一週間ほど前までは紅葉に彩られていた戸倉山は、8割ほど冠雪し冬景色に変わった。
麓のイタヤカエデなどの高木は、強風でほとんど落葉し、枝だけのさみしい姿になった。わずか低木の紅葉が最後の秋をこころなしか感じさせる・・・秋はなんと短かすぎる・・・
・・・そのうちいい天気もあるので、そしたら戸倉山を歩こう。
まわりのみぞれ混じりの景色
画像
画像
画像
画像
東屋も冬囲い 2.3月の真冬にはこの建物すべて雪の下 4~5mの積雪 この上や、周りをスノーシューで戸倉山まで歩く

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック