風に揺れながら カタクリが咲いた

画像
やっぱり咲いていた、カタクリ。今年の雪の降り方が、この地域では「エゲツ」なく、ない。適度に積もって、適度に晴れて気温とともに自然と雪が融けた。去年と違って、なかなかいい冬だったといえる。
雪が消えたその場所に、もう咲いただろうカタクリを見に出かけた。予想通り山のすその日当たりのいいところから咲き出している。
画像
見事一面に、みんな同じ方向に向いて咲いている。
画像
アブラチャン
画像
アカシデの雄花
画像
キブシ
画像
通り道にショウジョウバカマ
画像
キクザキイチゲ
画像


帰りに近くの里山に寄り道 一気に春がきたと思わせる花 黄色のレンギョウ
画像
画像
この里山にソメイヨシノから遅れて山桜が咲き出した。軽トラックを横づけして畑に精を出す人も多くなっている。土を起こして何を植えるのだろう。収穫が楽しみなのと、草取りまでもが健康づくりかも・・・。
晴耕雨読の、日常の風景がゆったり、穏やかにながれている。
我が家の屋根のあたりでツバメが模索しながら飛び回っている。営巣場所を見極めているのだろうが、そんな場所は家にはないと思う。もっといいところ探してくれる?
ドウダンツツジも咲き出した。そこへ、さかんに一羽のスズメが枝をあちこち行ったり来たり、近くに俺がいるのにまったく気に留めないようだ。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック