暑中お見舞い申し上げます

梅雨明けしない蒸し暑い日が続いている。2.3日前から庭先に出してある寒暖計の目盛りが32℃から34℃を指している。TVのニュースで関東の熊谷や館林の外気温が39℃を超えたと伝えている。すると我が家の風呂の温度に相当する。風呂は2.3分、湯舟の中で汗を流すことで気持ちがいい。問題は風呂で流す汗ではない。日常生活の活動の中なのだ。それが24時間、汗だくともなるとめまいや熱中症になりそうなことは想像できる。
 ・・・「暑中お見舞い申し上げます」 もうしばらく、なにとぞご自愛くださいませ。

市街地が暑いので、山へ。日陰に入ると葉を揺らす風が涼しい。
タチアオイの花が咲き誇る山道を遠回りして、榊を採りにいく。
夏になると、いつも見上げているネムノキの花。枝が手の届くところに、花の盛りも過ぎたようだ
画像
画像
花が咲いていても、夕暮れになると葉をゆっくり閉じるらしい。花は宵っ張りか?
画像
画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック