全国植樹祭 長岡千秋が原みどりの広場

画像
全国植樹祭が天皇、皇后陛下を迎え長岡市で開催された。新潟で開催されたのは42年ぶりで、祭典は中越地震で全国から受けた支援への感謝と復旧と復興した姿を伝えるとともに、緑の大切さを後世へと引き継いでいくための意味がある植樹祭だ。メイン会場のハイブ長岡に両陛下が来られるので沿道でお出迎えをした。菊の御紋の車から手を振られる皇后陛下と目が合った、と思う。なんとテレビそのままの優しい顔を拝見できた。
画像
千秋が原の緑の広場でスタッフとしてフェスティバルにお手伝いできたことが幸運。ただ長岡は地形的に冬は寒く夏が暑い場所で、この日は特に太陽が降り注ぐ光が近くて暑かった。北京並の40℃かと思うほど暑い。しかし信濃川から時折、爽やかな風が全身にあたるので落ち着くことができた。さらに会場の千秋が原に植樹された数多くの樹種の有難い樹木のみどりの陰で心を癒すことができた。
画像
画像
画像
両陛下のお見送り風景。美智子妃殿下のやさしい笑顔を見ることができた
画像
画像
緑の百年物語事務局テント周辺
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック