ママコナ ハンゴンソウ ヤマゼリ・・・

「立入禁止!」の標識。 車で40分ほどかけて着いたらこの看板。遊歩道のところどころに崩落個所があって危険です。軽装での入山を禁止します、とあった。久しぶりの晴れ渡った空に真夏のような雲が浮かぶ。下界にはまだ真夏の暑さが残っていたものの視線の先の雲は風に流れていた。良い日だ。
ザックに一式あって、長靴に帽子・・・そう軽装でもあるまい。1時間半の健康ウォーク。途中の渓谷の沢を渡り、河原まで歩こう。30分も歩くといつものように玉の汗が目のまわりに浮かび小鼻に垂れ首筋をつたう。首にかけたタオルで拭うが回数が尋常ではない。
ママコナ・・・だろう、一服しよう。
画像
豪雨で崩壊した法面に咲いていたママコナ
画像

遊歩道に咲くヤマゼリ
画像
谷に滑落しそう。滑りやすい痩せた地に満開のハンゴンソウ群落
画像
画像
画像
なめらかな滝を過ぎると渓谷はもうすぐのようだ
画像
遊歩道が崩落して道がない。沢沿いからブナ林を迂回する
画像
画像
ぜいぜいと息を切らしながら視界を水の流れにむけて、動画なら生中継してみたい幻聴状態を。
画像
画像
削られた岩肌に彩りが目に映った。ヤマハギの薄紅色がきれい。
画像
画像
河原にやっとこ着くと山肌にガスがかかる。晴れ渡った空はいつの間にか空と雲のコントラストが消滅するのだ。
画像
画像
酷暑はまだ続きそうで、川の流れに身を任せようか・・・とここまで歩いてきたのかもしれない。

"ママコナ ハンゴンソウ ヤマゼリ・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント