テーマ:観察会

妙高高原の白く 新しい風景

樹冠は今朝のさらっとした雪であたり一面覆われている。この冬の記録的な大雪が続いたことが、標高700mほどの高原の情景で見ることができる。シラカバやミズキは雪圧で樹幹が折れ、カラマツやスギの枝は雪の中に押し込まれ、これが気の毒、我慢の限界に達しているようだ。アズキナシやハリギリはその残果を雪が覆いながらも冬芽の準備をしている。妙高高原は白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いまも吹雪舞う 白樺妙高高原

妙高 朝から吹雪が続く。駐車場は除雪された雪の壁が圧倒しそれこそ灰色の空も見えない状況。大自然のちからが妙高高原の積雪量を記録的なものにした。 妙高高原いもり池周辺 吹雪舞うなか自然の観察 いま立っているところは地上2階の窓の高さ地点に相当する。厳冬期も終盤に入るだろう今の妙高高原の自然に触れ吹雪を体感する。 ミズキ 早春に枝を切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓮華温泉につづく白池森林公園ブナの森

ここはブナ、ナナカマド、カエデや低木林など落葉樹林の豊かな自然景観が広がる空間があります。あんまり整備されていないが静かな森です。3日ほど前に白馬連峰に初冠雪があり稜線が真っ白く見えます。トチノキやホオノキの黄葉や落葉が始まりました。昨年の落葉の上に今年のさまざまな葉が積み重なりつつあります。分解の遅いブナの葉は・・・ 初冠雪の白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more