ぬるま湯は 風呂だけにして

画像
ちょっと寒いかなと思って山に出かけたがそれほどでもなかった。スッーとした冷たい空気を頬に感じるが、かえってそれが気持ちいいのだ。
いつも炬燵で丸くなったり、ぬるま湯的な部屋で閉じ困っていると外に出るのが億劫になる。風呂のぬるま湯は健康に良いらしいが、ぬるま湯は風呂だけで日常生活では決して良くなく、そこから抜け出せなくなると危険地帯になるのだ。
それがし、この時季寒いのは百も承知している。・・・それがし?・・・ちょっと前まで「八重の桜」を見ていた影響で、武士の言い回しになってしまった・・・。
ちらほらと舞い散る雪のなか、お気に入りの森へでかけた。
なんてったって久しぶりの山歩きでリハビリのつもりで寄り道をしながら歩こう!
途中までは昨日あたりのトレースがかすかに付いていたが、その先にはノウサギの足跡しかない。
去年から断続的に降り積もった雪は、ミルフィーユ状態になっていてスノーシューで歩いてもそれほど埋まらなくなった。
静かな森は雪が舞い散るぐらいで何一つ音がしない。それがしの新雪を踏む足音やCO2の吐く息ぐらいなのだ。
画像
この森はイワガラミとツルアジサイが混在している。これはイワガラミ
画像
画像
リハビリにしては2時間半、充分だろう。
運動不足も解消したし、心地よい疲れもまたリフレッシュさせる。

さっきまでひとひらの雪が、いつのまにか顔を下に向けて歩かなければならないほどの吹雪に変わったので戻ろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック