雨飾山麓しろ池の森

アクセスカウンタ

zoom RSS 戸倉山 雨飾山の雄姿を望む

<<   作成日時 : 2013/03/01 15:34   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
気持ちのいい穏やかな一日だった。イチジクの木にヒヨドリのつがいが羽を休めてなにかしら会話をしているようだ。くちばしで羽ずくろいしながら「これからどうする」そんな感じ。上空には一羽の白鳥がゆっくりと飛んで行った。はぐれ白鳥かな?早く仲間の群れと合流しないとシベリヤまでいけないぞ・・・V字飛行で風の抵抗を少なくする知能を持ってらしい・・・まずは休みながらでも瓢湖まで目指したほうがいいよ!

さあ、戸倉山にいこう!遠くの白馬岳が明るいし雨飾山の雄姿を見に行こう。
雪の上を歩き始めると、表面がバリバリ、中がふわふわ、スノーシューの下がかき氷のみぞれ状態。グルメ番組の食感をに似ている。かき氷を片栗粉でまぶしギョウザの皮で包んで揚げたような、雪の状態。どんな味がするだろう?
画像
陽が射したり何回かの雨のくりかえしで雪が固まったおかげでブナの森まで、以外に早く歩けた。
画像
谷から尾根の急登にさしかかるとヒイーフウー、ハアーフウー言いながらなんとか山頂。ホッと一息していると三人組み、この戸倉で会うかすかな知り合い。達成感と、この風景で、ひととき・・・
画像
画像
帰り道は、夏道をたどって歩く。ホオノキやトチノキの冬芽のふくらみや、ミズキにからむツルウメモドキの実をみながらのんびりと下る。
三人組はテンポ良くリズミカルに遥か彼方に消えたが、当方は汗だくで、しかも膝がガクガク・・・2,3日筋肉痛になりそうだ。

そうだ榊をかえなくちゃ。裏山へ、途中まで車、でもその先無理・・・また歩く・・・雪の上を!
ノウサギやタヌキの足跡だらけ。イノシシのもある。至る所の根の周りにはイノシシの掘り起し、もうヌタ場状態
画像
画像
数年前までは、イノシシはいなかったはずだが生態系が微妙に変化している。
親戚の分まで榊をいただいた。さらに上まで登ってマンサクとダンコウバイの開花を探す。ダンコウバイは蕾だが、マンサクはちゃんと咲いている。さすが「まんず 咲く」だ!
画像
キリの花芽
画像
穏やかな一日は、陽気につられて体力を消耗しクタクタ日和にかわった。そうなると雑酒と角ウイスキーでエネルギーを取り戻そう。旨い国産牛ステーキと刺身があれば・・・「夢の また夢」・・・。
「なんか あんた 日焼けしたんじゃない」 あっ そう!?今年初めて言われた・・・。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
戸倉山 雨飾山の雄姿を望む 雨飾山麓しろ池の森/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる