啓蟄すぎて うららなか春霞

西日本を中心とする中国からの黄砂飛来が話題になり、身体への影響が懸念されている。PM2.5濃度の飛来微粒子物質が、スギ花粉と同時に呼吸器官に入るとぜんそくなどを引き起こし、特に子供たちには大変というか危険らしい。
西日本でもない、東日本でもないどっちつかずの、どっかに入れてほしいと思うが、のんきな県民性からかマスクをしている市民をほとんど見かけない。
車のガラスに、おや?黄砂かなっと思ったが、全然違う、単なるホコリだ。ただ洗車していないだけ。かなり汚くなったら、見る影もなくなったら汚れを落とそう。

気温が一気に15℃まで上がった。春霞なのだろう青空がない。PM2.5問題ではない。うららかな春霞だ。
と、なると汚れた車だけど気にしない・・・森へいこう!
タムシバ
画像
オニグルミ
画像
ブナ
画像
ミズナラ
画像
ウリハダカエデ
画像
イワガラミ
画像
ナラ枯れ病で立ち枯れ木が数多くある サルノコシカケだらけの森もある 漢方薬に利用されればいいのだが 難しい問題がある
画像
生長力旺盛のフジつる
画像
啓蟄が過ぎた 庭先の椿に 羽音も出せないほどの小さな虫が数匹 群がっている まだ蕾なのに・・・何をどうしたいの 何者!?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック