雨飾山麓しろ池の森

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっとそこまで 身近な山を歩く

<<   作成日時 : 2013/09/24 16:22   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
ブナの幹でカマキリがバッタを捕食している。足元ではよく見ることもあるが、2mほどのかなり高い位置で捕食の光景だ。そこまで飛んで行ったのそれとも咥えながら歩いたの・・・不思議。自然界の弱肉強食の世界。食べる者と食べられる者の食物連鎖が回っている。カマキリやバッタに限らず生物界は、いかにエサをとることや天敵からいかに身を守るか、逃げることも生きる上で重要なこと。
『 お・も・て・な・し 』 そんな上品なことを考えていたら破滅の道におちることになる。 
画像
ときどき食べるのを止める 小休止を挟みながら
画像
たまたま目にしたが昆虫界ではこれが普通の生活だろう。バッタはより小さな虫やイネ科の実や葉を、カマキリはバッタを、蜂や鳥はカマキリを捕食する。これが森林内における自然生態系の循環となっている。
オトコエシとバッタ
画像

展望のきくところまで歩こう。赤とんぼが、平地の暑さがお気に召さないのか、それとも天敵をさけてか、この涼しい山地で避暑地がわりに伸び伸びと飛んでいる。赤とんぼ同様、自由きままに・・・身近な山を2時間ほど歩いた。
ダイモンジソウ
画像
画像
キキョウ
画像
ウメバチソウ
画像
アケビ
画像
画像
ノコンギク
画像
シシウド
画像
目の前に雄大な山
画像
画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょっとそこまで 身近な山を歩く 雨飾山麓しろ池の森/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる